きらきらブログ

皆さんのお口の中にありますか?銀歯のお話

2022年9月9日

皆様こんにちは!
あま市甚目寺にある、歯科口腔外科・歯周病・カウンセリングに
力を入れている歯医者さん、星の森デンタルです。

 

今回ご説明する「銀歯」がお口の中にある方も多いのでは

ないでしょうか?
虫歯治療で虫歯を削った後、空いてしまった穴を埋めるために 、
銀歯をお詰めになったかと思います。
銀歯の歴史は長く、現在でも使用している歯科医院は

多くございます。
ですが、歯科治療は日々進化を遂げています。今回は
銀歯の歴史や特徴についてご説明させていただきます。

 

古くから使われてきた銀歯の歴史

まず、銀歯の歴史についてです。
歴史は古く、昭和14年に金不足が原因で現在の
銀歯(金に銀とパラジウムを混入させたもの)が認可されました。
セラミックが被せ物として歯科に応用されていない当時では金が
歯科医学的にベストであることは当然のように分かっていましたが、
戦争の時代で贅沢は言えず、高価で不足していた金に銀と

パラジウムを混入した合金を使用していたのです。
当時は時代背景より仕方なかったかもしれませんが、
医療先進国・経済大国となった現在でも保険診療では混ぜ物金属が
ルール化されています。
最近では、車産業やウクライナ戦争など時代背景から、
パラジウムの価値が金以上になってしまったためチタンや

CADCAMが積極的に保険で使用されるようになりました。

 

他の素材とは何が違う?銀歯の特徴

次に、銀歯には、以下のような特徴があります。
銀歯はセラミックなどの素材に比べて、あまりにも頑丈すぎて
噛んだ際に強い力が歯にかかった時、銀歯ではなく土台の歯が
割れてしまう可能性があります。
一方でセラミックは種類によって硬さが天然歯と似ているため、
ご自身の歯を守りやすくなります。
また、銀歯は金属であるため微弱ながらも磁力を持っているの

ですが、この磁力が歯周病菌を吸い寄せることで歯周病リスクが

高くなってしまいます。
一方で、セラミックは磁力を持たないため健康に良いとされています。
その他参考文献:
https://www.city.tambasasayama.lg.jp/soshikikarasagasu/kenkoka/sikahoken/hanohanashi/2140.html

 

まとめ

上記のように、現在では銀歯が好まれることは少なくなり、
当院でも患者様の健康を考え、セラミックでのご提案をさせて

いただいております。
当院では、セラミックでもいくつか種類をご用意しております。
詳細は、以前ご紹介させていただきましたブログにて

ご確認いただけます。


https://hoshinomori.net/2022/05/21/%e8%a9%b0%e3%82%81%e7%89%a9%e3%81%a8%e8%a2%ab%e3%81%9b%e7%89%a9%e3%81%ae%e9%81%95%e3%81%84%e3%81%a8%e3%81%af%ef%bc%9f%e3%81%9d%e3%82%8c%e3%81%9e%e3%82%8c%e3%81%ae%e7%a8%ae%e9%a1%9e%e3%81%ab%e3%81%a4/

 

銀歯は見た目でも、お口を開けた際に目立ってしまうため
気にされる患者様もいらっしゃいます。
虫歯でなくても、白くてきれいなセラミックに詰め直すことも
できますので、今回のお話が気になった方はお気軽に

ご相談ください。

 

星の森デンタルでは患者様をお待たせしないよう、
ご予約制とさせて頂いております。
当日のご予約が埋まってしまっている場合でも、
随時急患様はお受けしておりますので、
ご来院の前に一度お電話ください。

  • 一般歯科
  • 小児歯科
  • 予防歯科
  • 審美歯科
  • 矯正歯科
  • インプラント
  • 入れ歯
  • 口腔外科
  • マウスガード外来

  • 無痛治療専門外来
  • 難抜歯外来
  • 歯周病専門外来
  • セレック治療
  • 予防処置(自費)
  • 採用情報
  • きらきらブログ