きらきらブログ

親知らずについて

2022年3月12日
皆様こんにちは!
あま市甚目寺にある、歯科口腔外科・歯周病治療・カウンセリングに
力を入れている歯医者さん、星の森デンタル 歯科衛生士の田崎です。


今回は親知らずの虫歯についてのお話です。
一番奥に生える「親知らず」
正式には第三大臼歯(だいさんだいきゅうし)といい、
ほかの永久歯が15歳前後で生え揃ったあと、
10代後半から20代前半に生えてきます。
親が気づかない年齢になってから生えてくるため
「親知らず」といわれるようになったという説もあります。



親知らずは上顎、下顎の一番奥に
ほかの歯が生えそろった後に生えてきます。
また場所が狭い為、歯茎に埋もれたままだったり(埋没タイプ)、
斜めに生えてきたり(傾斜タイプ)することがあります。
また手前に歯があるのでハブラシが届きにくく、
むし歯(虫歯)になりやすい歯でもあります。



親知らずは、むし歯(虫歯)になると
痛みや腫れが強く出ることがあるので
早めに抜歯したという方も多いのではないでしょうか。
斜めや横向きに生えてしまうと歯とハグキの間にハブラシが入りづらく、
しっかりみがけないため、むし歯(虫歯)になりやすいのです。

生えている場所が狭いこともあり、親知らずの治療は難しいので、
むし歯(虫歯)になってしまったら抜歯をすることがほとんどです。
正常にまっすぐ生えていて、
しっかりケアできていればそのままにしておいても大丈夫ですが、
奥歯に違和感があったら、早めにご相談くださいね。

星の森デンタルでは患者様をお待たせしないよう、
ご予約制とさせて頂いております。
当日のご予約が埋まってしまっている場合でも、
随時急患様はお受けしておりますので、
ご来院の前に一度お電話ください。

 
  •  

  • 一般歯科
  • 小児歯科
  • 予防歯科
  • 審美歯科
  • 矯正歯科
  • インプラント
  • 入れ歯
  • 口腔外科
  • マウスガード外来

  • 無痛治療専門外来
  • 難抜歯外来
  • 歯周病専門外来
  • セレック治療
  • 予防処置(自費)
  • 採用情報
  • きらきらブログ